福井県産婦人科連合の紹介

福井県産婦人科連合の紹介

ご挨拶

福井県産婦人科医師連合会長 山本 宝
福井県産婦人科
医師連合会長
山本 宝

 福井県では、日本産科婦人科学会(以下、学会)と日本産婦人科医会(以下、医会)がそれぞれ公益社団法人へと組織移行したことに伴い、それまで学会、医会の支部組織として活動していた学会福井県地方部会と医会福井県支部を解体し、2011年4月に、新たに『福井県産婦人科医師連合(以下、県産婦医師連合)』を設立致しました。
 私は、この県産婦医師連合の発足時より会長に選出され、現在に至っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 県産婦医師連合では、現在、県内唯一の産婦人科医師による任意団体(会員数:102名)として医師の資質向上・研修を行い、県民の母子保健の向上、予防医療や啓蒙活動と、安心・安全な産婦人科医療の提供を目指しています。そのために、6つの常設委員会(社会保険委員会、学術委員会、癌対策委員会、専門医委員会、医療安全対策委員会、広報委員会)のほか、女性アスリート・ルナコントロールプロジェクトと、災害医療ワーキンググループの2つのワーキンググループを設置し、日々活動しています。中でも、超少産社会、高い比率の高齢妊娠時代を迎え、我々は県や関連諸団体などと連携し、「望むなら誰もが産み育てられる社会環境」に貢献したいと願っています。その為に、妊娠教育や妊産婦のメンタルヘルス、不妊治療等への理解に努めたいと思っています。一方、全新生児への聴覚検査の公費補助は令和4年度までに県内すべての市町で実施される予定です。また、県内では、周産期救急搬送システムは効率よく機能していますが、更に「周産期死亡ゼロ」を目指して、県内2つの総合周産期母子医療センター(福井大学病院と福井県立病院)が中心になって、総合周産期医療勉強会も定期的に開催されています(ちなみに、2019年の福井県の周産期死亡率は3.2、全国の平均周産期死亡率は3.4)。更に、県やメディアとは密接に連携して、子宮頸がん検診の受診勧奨に向けたイベント開催や、県民公開講座の開催、県内小規模事業所や大学への出前講座なども積極的に行って、特に若い世代への認識徹底と検診受診機会を増やし、県民への一層の周知に努めています(2016年の福井県の検診受診率42%)。同時に、頸がん予防効果が期待できるHPV予防ワクチン接種の推進・周知も行っております。
 福井県は、夫婦共働き率が全国第一位でありながら、保育施設の充実や、三世代同居率も高く、大都市圏に比べると比較的、子育てや医療環境に恵まれています(2019年の福井県の合計特殊出生率は1.67、全国平均は1.42)。 しかし、県内人口は1999年をピークに減少し、2010年には80万人を割り、2015年には77.7万人になっています。この状況が続くと、10年後には70万人を割ることが予想されています。それに伴い、県内の出生数も減少し、2019年には6,000人を割り込みました。
 我々は、コロナ禍、厳しい社会制限を受ける中、県内で働く産婦人科医師と健全な産婦人科医療を守り、何より県民の皆様のご期待・ご要望にこれからも正面から向き合ってまいります。行政の皆様、そして県民の皆様には、現状をご理解のうえ、次の世代へと繋ぐ妊娠・出産・環境の充実、そして女性の生涯に亘る切れ目のないご支援をお願いしたいと思っています。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

事業内容

  • 学術の研鑽と母体保護法の順守
  • 福祉関係への協力
  • 関連学会・研究会への協力
  • 広報及び調査
  • 医療事故対策
  • 社保関係
  • 会員の福祉増進をはかり医療法改正に対する適切な対応
  • 周産期医療向上への取り組み